vol.60

September 5, 2021

 

作業は各人それぞれの癖が出るものですが、いつのまにか染み付いてしまった悪い我流は正していかなければいけません。

基本を素直に身に付けることが成長への近道と、自身も含め常に言い聞かせてます。

 

 



vol.59

August 29, 2021

 

三十七尊の指先のディティールチェック。わずか数ミリの作業、実際お堂に納まった時に目視出来るものではありませんが、

細部まで手を抜かずに拘ることで伝わる何かがあると強く信じています。

 

 



vol.58

August 22, 2021

 

2021年6月より開催の「招き猫亭コレクション 夏  猫ビヨリ」展でのアーティストトークの様子を少しばかり。
展覧会の主旨に合わせ自作の中から猫科モチーフのものだけ集めてお話ししましたが、案外点数があって自分でも驚きました。

 

 



vol.57

August 13, 2021

 

獅子8体の目線の指示、および軍茶利明王の化身である獅子に絡みつくコブラの彩色について決めていく過程の様子です。
自身特に気に入っているモチーフについては、指示出しにもやっぱり力が入るわけで。

 

 



vol.56

August 6, 2021

 

大日如来坐像本尊の頭部を彫り始めた時の映像。8年越しのこの大プロジェクトのメインイベントとも言える瞬間です。

とはいえ躊躇していても仕方ないので普段通りの心持ちで鑿(のみ)を振るいます。

 

 



PAGE TOP