創と造 2018

April 22, 2018

 

 

 

 

 

4月23日(月)より東京美術倶楽部を皮切りに全国5箇所の美術倶楽部を巡回致します「創と造 2018」に、新作木彫一点を出品いたします。

 

今回は『満ちゆくものは欠けゆくときとなり』と題して、バビルサを制作しました。

バビルサは、鼻の上を貫く牙が湾曲し自身の額へと伸びてゆく不思議な生き物です。やがてその牙が自身に突き刺さって死ぬ、または牙が刺さる直前に寿命を全うすると言われ、「死を見つめる動物」と呼ばれています。

 

夜行性でもあるその生態からも、伸びゆく牙を三日月に、そして寿命を満月に見立て、バビルサと月の満ち欠けとを重ね合わせてみました。

 

お近くにお越しの折には、ぜひご覧下さいませ。

 

上記情報は美術の窓 最新号(2018年5月号)にも、作品写真と共に掲載いただいております。

合わせてご一読いただけましたら幸いです。

 

 

 

彫刻家 大森暁生

 

 

 

 

 

創と造 2017

東京美術倶楽部 4月展

4月23日(月)〜27日(金) 10時~17時

http://www.toobi.co.jp/

 

京都美術倶楽部

4月30日(月)〜5月2日(水) 10時~17時

http://www.kyobi.or.jp/

 

金沢美術倶楽部

5月7日(月)〜9日(水) 10時~17時

http://kinbi.co.jp/

 

大阪美術倶楽部

5月14日(月)〜16日(水) 10時~17時

http://www.daibi.jp/

 

名古屋美術倶楽部

5月21日(月)13時~17時

5月22日(火)・23日(水) 10時~17時

http://www.meibi.or.jp/

 

東京美術倶楽部 5月展

5月25日(金)〜28日(月) 10時~17時

http://www.toobi.co.jp/

 

 

 

 

満ちゆくものは欠けゆくときとなり

H95×W38×D59 (cm)

楠、漆、金箔、彩色

2018

©AKIO OHMORI

Photo:KATSURA ENDO

 

 


PAGE TOP